グルメ

「チューハイ」と「サワー」の違いは何?ネーミングの重要性

「すいません!レモンサワーを一つください。」

「ありがとうございます!!レモンチューハイ注文入りました!」

「あいよ~!」

 

飲み会でこのような経験ないでしょうか?

「こっちがチューハイ言うてるんやから、チューハイでええやんけ!」

 

何て気持ちになるんですが、
各店で決まっている商品名なので、訂正されても仕方ありません。

では「チューハイ」と「サワー」の違いとは何なのか?

なぜ似たような名前が二つもあるのか?

 

調べた結果、明確にこれが違うということは分かりませんでしたw

けれども、この2つの違いから「なるほど!」と頷けることまでありましたので
この2つの呼び方の違いを紹介していきます。

 

 

チューハイの語源

「チューハイ」の語源は、焼酎の「酎(チュー)」と、ハイボールの「ハイ」を組み合わせたものと言われています。

ハイボールとは、基本的にウイスキーを炭酸水で割ったものなので、
ウイスキーの代わりに焼酎を炭酸水で割ったものが「チューハイ」になります。

ハイボールの広義は、お酒(スピリッツやリキュール)を、ノンアルコール飲料で割ったものとされています。
つまり、ノンアルコール飲料は炭酸水じゃなくても良いのです。

焼酎の緑茶割りが「緑茶ハイ」と呼ばれるのにも納得出来ます。

「緑茶チューハイ」や「烏龍茶チューハイ」となると言いにくいですよねw

 

サワーの語源

「チューハイ」に厳密な区分や法律上の規定があるわけではなく、
焼酎やウオツカなど無色で香りのないスピリッツをベースに、果汁などを加えて炭酸で割った飲み物のことを指しています。

「サワー」の語源は、英語のサワー[sour]:酸味のある、酸っぱいです。

スピリッツをベースに、柑橘類などの酸味のある果汁と、
砂糖など甘みのある成分を加えて作るカクテルの一種に、ソーダを加えた飲み物を日本では「サワー」と呼んでいます。

レモンサワー、ライムサワー、シークヮーサーサワーなど、柑橘系が多いのはこれに起因しています。

ただ、「サワー」と言われる商品の中でも、焼酎やウォッカなどをベースに炭酸で割った商品もあります。

居酒屋などでも、「チューハイ」と呼ぶお店と「サワー」と呼ぶお店があるように、
「チューハイ」と「サワー」はほぼ同じ意味で使われています。

 

「チューハイ」と「サワー」の違い 【レモンチューハイで原材料調査】

レモンサワーブームがここ数年巻き起こっていますが、
商品名で「レモンサワー」から「チューハイレレモン」や果実名のみにとどまっている商品など様々です。

このレモンサワーを調査することで「チューハイ」と「サワー」の明確な違いをしてみようと、
各社商品の、製造会社の創業地から原材料の詳細まで一覧表にしました。

人気の商品ラインアップです。

商品名 創業地 ベース アルコール度数 レモン果汁 カロリー(100mlあたり)
宝酒造「タカラcanチューハイレモン」 京都 焼酎 8% 3.3% 57kcal
宝酒造「タカラ焼酎ハイボールレモン」 焼酎 7% 1.5% 42kcal
キリンビール「キリン 氷結 シチリア産レモン」 東京 ウォッカ 5% 2.7% 45kcal
キリンビール「キリン 本搾り チューハイレモン」 ウォッカ&レモンリキュール 6% 12% 38kcal
アサヒビール「アサヒ贅沢搾りレモン」 大阪 ウォッカ 4% 14% 39kcal
サッポロビール「レモン・ザ・リッチ 濃い味レモン」 北海道 ウォッカ 5% 3% 55kcal
サッポロビール「サッポロチューハイ99.99クリアレモン」 ウォッカ 9% 0.3% 55kcal
サントリー「-196℃ストロングゼロ<ダブルレモン> 大阪 ウォッカ 9% 3% 54kcal
サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」 スピリッツ&焼酎 7% 未表記 42kcal
コカ・コーラ「檸檬堂 定番レモン」 アメリカ スピリッツ(蒸留酒) 5% 10% 48kcal

このように会社の創業地・ベース・アルコール度数・レモン果汁・カロリーなどを比較してみても、

各社「サワー」と「チューハイ」に対して明確な区別はしておらず、
ネーミングによって使い分けているという印象です。

 

まとめ

結論、「チューハイ」と「サワー」に明確な違いはなく、
地域によって呼ばれ方が違うという解答も正解ではありません。

ただ、イメージとしては

「チューハイ」=大衆居酒屋で使われる(オヤジ向け)

「サワー」=バーなど大衆居酒屋に一線を置く店(女性向け)

このように各店や商品のブランドのイメージに合わせて、ネーミングを変えているように感じます。

「〇〇食堂」というよりも「○○キッチン」とした方が、
より今どきの言葉で、どちらが自分にとって入店しやすいかと言うことから、

ネーミングの重要性を「チューハイ」と「サワー」の違いから学ぶことが出来ました。

 

ではではまた。

-グルメ

Copyright© 気になる違い.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.