ファッション

ファスナー、ジッパー、チャックの違い【3つの要点から解説】

 

ファスナー、ジッパー、チャックの違いって何だろう?

そのような疑問を抱いている人も多いハズです。

そこで、この記事では「ファスナー、ジッパー、チャックの違い」を5つの視点でお届けします。

この記事を見ることで「ファスナー、ジッパー、チャックの違い」が理解できるようになります。

3つの要点はこちら

  1. 起源の違い
  2. 言葉の意味の違い
  3. 日本での使われ方の違い

「ファスナー、ジッパー、チャックの違い」は上記5つになります。

この記事を見ることで、あなたも「ファスナー、ジッパー、チャックの違い」が理解できるようになります。

では、さっそく一つずつ確認してみましょう!

 

 

ファスナー、ジッパー、チャックの違いとは【結論】

結論、この3つは同じものです

ズボン ➡ パンツ、背広 ➡ スーツ

と同様に時代の変化に伴って言い方が変わっている。

では、同じ言葉なのになぜ3つも呼び方があるのか?

それについて説明していきます。

 

ファスナー、ジッパー、チャックの違いとは【3つの要点】

① 起源の違い

1.ファスナー(fastener)は1891年のアメリカで誕生しました。

開発者のホイットコム・ジャドソンさんが、靴ひもを結ぶ不便さを解決するために考えたものが「ファスナー」の起源とされています。

 

2.ジッパー(zipper)は1921年のアメリカで誕生しました。

B.F.Goodrich社というアメリカのメーカーがファスナーを「ジッパー」と命名し、登録商標を取得したのです。

 

3.チャックは1927年に広島県の尾道で誕生した言葉です。

巾着(きんちゃく)のようにきっちりしまることから、巾着の「ちゃく」をもじって名づけられました。

この言葉は当時、日本開閉器商会の登録商標でした。

 

② 言葉の意味の違い

1.ファスナーは “fasten(~をしっかりしめる)” という動詞にものを表す “er” をつけてできた名詞です。

これは「しっかりと留めるもの」という意味です。

その後、ファスナーはユニバーサルファスナー社により量産され、ファスナーつきの靴は流行しました。

ちなみに、この言葉は一般名称なので、誰でも自由に商品名などに用いることができました。

また、ファスナー(fastener)は国際的には「しっかり留めるもの」全般を指しています。

そのため、ネジやボルト類、マジックテープなども “fastener” です。

 

2.ジッパーの言葉で有名なもので「Ziploc(ジップロック)」には「イージージッパー」とも記載されています。

ちなみに、“zip” という言葉はファスナーをしめる時の「シューッ」という音を表し “er” をつけて作られました。

“zip” は「とてもスピードがはやい」という意味を表しています。

この言葉は、アメリカでは「ジップファスナー」とも呼ばれています。

また、かつては登録商標だったこの言葉も、今では一般名称として使われています。

 

3.チャックは巾着(きんちゃく)のようにきっちりしまることから、巾着の「ちゃく」をもじって名づけられました。

 

③ 日本での使われ方の違い

1.日本人が指している「ファスナー」は国際的には「スライドファスナー(Slide Fastener)」と呼ばれています。

この言葉は日本語に訳すと「滑り式留金具」になります。

ちなみに、日本で区別する時には、スライドファスナーを「線ファスナー」と言います。

そして、ネジ・ボルト類は「点ファスナー」、マジックテープ類は「面ファスナー」と呼びます。

 

2.日本でも「Ziploc(ジップロック)」(旭化成)が売れだして、ジッパーと言う言葉も聞き馴染みました。

日本テレビ系列の朝の情報番組『ZIP!』は

番組名は正式名称である「ZOOM IN!! PEOPLE」(ズームイン!!ピープル)の頭文字を取ったもの。

「パソコンの『ZIPファイル』のように、開けると色々な物が飛び出す『玉手箱』のような番組」という意味も含まれている。

英語の口語で「活力、元気」という意味もある。

 

3.日本開閉器商会に所属しているチャック・ファスナー社がこれを「チャック印」という名前で発売しました。

そして、これが丈夫で壊れにくかったため、ファスナーの代名詞として定着しました。なお、チャックも今では一般名称になっています。

しかし、チャックは日本でのみ通じる言葉で、英語の「チャック(chuck)」は “固定” を意味する全く別の言葉です。

他にも、ファスナーは世界中で色々な名前で呼ばれています

 

 

まとめ

呼び名 誕生年 誕生地 誕生者 由来
ファスナー 1891年 アメリカ ホイットコム・ジャドソン氏 “fasten(~をしっかりしめる)” という動詞にものを表す “er” をつけた
ジッパー 1921年 アメリカ B.F.Goodrich社 “zip” という言葉はファスナーをしめる時の「シューッ」という音に “er” をつけた
チャック 1927年 日本(広島県尾道市) 日本開閉器商会 巾着(きんちゃく)のようにきっちりしまることから、巾着の「ちゃく」をもじって名づけた

 

このように、「ファスナー」「ジッパー」と言う言葉が自然に出てします人は、

「昭和の人」と言われてしまいます。

同じ意味でも、その言葉で年齢が分かってしまうねんて怖いですね。

 

ではではまた。

-ファッション

Copyright© 気になる違い.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.